東大IPC

News

株式会社ブレイゾン・セラピューティクスへの追加出資を決定

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 大泉克彦、以下「東大IPC」)が運営する協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合(以下「協創1号ファンド」)は、血液脳関門を突破して脳へ薬物を送達できる革新的な創薬をすすめる株式会社ブレイゾン・セラピューティクス(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 鰐渕文一、以下「ブレイゾン社」)に対して、約2億円の追加出資を行いました。

今回のブレイゾン社への直接出資は、LP出資先でライフサイエンス・ヘルスケア分野に特化したベンチャー投資を行う株式会社ファストトラックイニシアティブ(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 木村廣道)との共同投資となります。

 

東京大学周辺の持続可能なイノベーション・エコシステムの発展を目指す、協創1号ファンド

協創1号ファンドは、東京大学関連ベンチャーの育成促進と、東京大学を取り巻くベンチャーキャピタルの質・量の充実、を中心に据えて運用を行なうことで、東京大学の周辺に持続可能なイノベーション・エコシステムを構築し、世界のベンチャー創出拠点の一つとなることに寄与することを目的としています。具体的な運用として、今までに6つのベンチャーキャピタルへのLP出資(ファンド オブ ファンズ)と、20社以上の東京大学関連ベンチャーへの直接投資を行い、現在も積極的に東京大学関連ベンチャーへの直接投資を行っています。

 

血液脳関門(Blood Brain Barrier:BBB)の突破を目指すブレイゾンの薬物送達システムプラットフォーム「Brain Access®」

ブレイゾン社は東京医科歯科大学と東京大学という2つのアカデミアによる研究成果を社会実装するため2015年に設立された創薬ベンチャーです。神経内科医である東京医科歯科大学の横田隆徳教授と東京大学大学院工学研究科の片岡一則特任教授(公益財団法人川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター センター長)との医工連携の共同研究により、薬剤を包含するグルコース修飾ナノ粒子(ナノマシン)を用いて血液脳関門(Blood-brain Barrier、以下BBB)を突破する新しい脳への薬物送達技術を実現しました。

 

BBBは脳血管内皮細胞にある生体内バリアであり、脳の活動に必須な栄養素のみを選択的に取り込む機構ですが、一方で薬剤の脳への送達を困難にし、特に脳に作用させる必要のある中枢神経疾患系の治療薬の開発を著しく難しくする要因となっています。BBBを突破し薬剤を脳に移行させる技術は、世界中で重要視され研究開発がなされていますが、現在もブレイクスルーが求められている状況です。ブレイゾン社の薬物送達システムプラットフォーム「Brain Access®」は、薬物を内包する表面を修飾したナノ粒子を用いて、低分子化合物だけでなく核酸医薬や抗体など様々な医薬品を封入し脳へ送達できる技術です。

 

現在ブレイゾン社は、この独自の「Brain Access®」をプラットフォーム化を進めるとともに、創薬ベンチャーとして自社創薬および製薬企業との提携による共同開発を中心に事業推進しております。既に国内外の複数の製薬企業と研究開発を進めており、今回の増資により更なる加速が期待されます。

 

東大IPCは、ブレイゾン社のナノマシン技術が東京大学を含めた日本のアカデミア発の世界最先端の技術であること、現在大きな社会課題となっている認知症などの中枢神経疾患の薬剤開発の進展に繋がるという社会的な重要性の高さ、また最近の着実な研究開発の進捗状況を鑑み、今回の継続投資を決定いたしました。今後のブレイゾン社の事業について、東大IPCは積極的な支援を進めていきます。

 

東大IPC は、今後も、東京大学周辺のイノベーション・エコシステムの発展およびそれを通じた世界のイノベーションを加速するため、ベンチャーキャピタルやオープンイノベーションを推進する企業との様々な連携を通じ、アカデミアの生み出す学術・研究成果を活用するベンチャーの創出、育成および投資を進めていきます。

また、事業化までに長い時間と比較的大きな資金が必要となるバイオテック・ディープテックベンチャーに関し、長期ファンドを運用する東大IPCとして継続的な支援を提供、その成功に向けた伴走を今後も行なってまいります。

 

 

株式会社ブレイゾン・セラピューティクスについて

概要       中枢神経領域を主対象とした医薬品の研究開発

設立      2015年10月

所在地 東京都文京区本郷7丁目3−1東京大学南研究棟アントレプレナーラボ254号室

代表者    代表取締役 鰐渕文一

URL    http://braizon.com/

 

 

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)について

概要       東京大学周辺のイノベーション・エコシステムの発展を目指す投資事業会社

設立       2016年1月

株主       国立大学法人東京大学(100%)

所在地    東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261

代表者    代表取締役社長 大泉克彦

URL       https://www.utokyo-ipc.co.jp/

 

 

【お問い合わせ】

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社

東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261

TEL: 03-3830-0200 / FAX: 03-3830-0183 / Email: info2@utokyo-ipc.co.jp

  1stRound(起業支援プログラム)応募受付中!