東大IPC

News

Mantra株式会社への出資を決定

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 大泉克彦、以下「東大IPC」)が運営する協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合(以下「協創1号ファンド」)は、マンガに特化したAI翻訳技術の研究開発を行うMantra株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:石渡 祥之佑、以下「Mantra社」)に対して5,000万円の出資を行うことを決定しました。

 

今回のMantra社への投資は、マンガ業界のリーディングカンパニーである集英社、「マンガテック」アクセラレーターの運営を担う株式会社ツクリエ、また既存投資家のAI特化VCの株式会社ディープコア(DEEPCORE)、および同じく既存投資家のビジネスリーダーのキャリア支援に取り組む株式会社コンコードエグゼクティブグループとの共同投資となります。

 

 

「世界の言葉で、マンガを届ける。」ことを目指し、マンガに特化した機械翻訳技術の研究開発

 

Mantra社は「世界の言葉で、マンガを届ける。」をミッションに、マンガに特化した機械翻訳技術の研究開発を行っています。2020年に公開した漫画のクラウド翻訳ツール「Mantra Engine」は出版社、翻訳会社、マンガ配信事業者を含む10社以上のパートナーに導入され、月間20,000ページ(単行本約100冊)以上の多言語化に貢献しています。また、2022年に集英社協力のもとリリースした英語学習アプリ「Langaku」は公開初日にAppStoreの「教育」カテゴリで1位を獲得するなど、新しい言語学習の手法として注目を集めています。

 

絵とテキストの不規則な配置、独特な話し言葉、ストーリーの背景にある複雑な文脈など、マンガには翻訳を難しくする要素が多く含まれます。Mantra社はこの課題を解決するため、マンガに特化した画像認識と機械翻訳を統合し、世界で最も高精度なマンガ機械翻訳を開発しました。この成果は人工知能分野のトップ国際会議AAAIにも採択され、アジア太平洋機械翻訳協会からAAMT長尾賞を授与されるなど学術的に高く評価されています。またこの過程で作られたマンガAI技術は言語教育における教材の難易度調整に転用されるなど翻訳以外の領域にも応用されています。

 

東大IPCは、第1回「1stRound」でMantra社を会社設立前に採択し、会社登記から支援を展開して参りました。東京大学の起業支援機関が主催する事業アイデアコンテストへの出場や、東京大学FoundXにも参画し、東京大学の起業支援エコシステムを活用して起業した起業家です(※)。同社の技術力、事業開発を支援すべくこの度の出資を決定しました。

 

※参考:東大起業家シリーズ

https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/entrepreneurs12.html

 

 

東京大学周辺の持続可能なイノベーション・エコシステムの発展を目指す、協創1号ファンド

 

協創1号ファンドは、東京大学関連ベンチャーの育成促進と、東京大学を取り巻くベンチャーキャピタルの質・量の充実、を中心に据えて運用を行なうことで、東京大学の周辺に持続可能なイノベーション・エコシステムを構築し、世界のベンチャー創出拠点の一つとなることに寄与することを目的としています。具体的な運用として、今までに6つのベンチャーキャピタルへのLP出資(ファンド オブ ファンズ)と、20社以上の東京大学関連ベンチャーへの直接投資を行い、現在も積極的に東京大学関連ベンチャーへの直接投資を行っています。事業化までに長い時間と比較的大きな資金が必要となるバイオテック・ディープテックベンチャーに対しては、長期ファンドを運用する東大IPCとして継続的な支援提供、その成功に向けた伴走を今後も行なってまいります。

 

東大IPCは、イノベーション・エコシステムの発展のため、ベンチャーキャピタルとの連携とともに、東京大学関連ベンチャーへの直接投資による育成促進を更に進めていきます。

 

 

Mantra株式会社 代表取締役 石渡 祥之佑 コメント

今回、東大IPCをはじめ心強い投資家の皆様からご支援頂いたことを嬉しく思っています。マンガの流通から言語の壁をなくすための「Mantra Engine」、そして言語の壁をマンガでなくすための「Langaku」。いずれも「世界の言葉で、マンガを届ける。」という私たちのミッションを体現するサービスです。今回の支援を受け、両サービスの事業推進、および基盤技術の研究開発を一層加速してまいります。

 

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社  パートナー 古川圭祐

当社含む大学共催起業支援プログラム「1stRound」にて創業期からご支援させて頂いており、この度株主としてご一緒させて頂くことになりました。日本発世界の文化であるマンガを、マントラの技術で、世界の人々が同時に楽しめるようになると、文化として更なる昇華の可能性があると思っております。Mantra社は、マンガ特化翻訳AIの技術の高さはもちろん、またチームの素晴らしさから投資を決定致しました。「Mantra Engine」、「Langaku」ともに世界で勝負するサービスにしていきます!

 

 

Mantra株式会社について

概要       マンガに特化した機械翻訳技術の研究開発

設立    2020年1月

所在地  東京都港区南青山7-3-6 南青山HYビル 7F 荒井倶楽部内

代表者  代表取締役 石渡 祥之佑

URL       https://mantra.co.jp

 

 

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)について

概要      東京大学周辺のイノベーション・エコシステムの発展を目指す投資事業会社

設立  2016年1月

株主    国立大学法人東京大学(100%)

所在地  東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261

代表者  代表取締役社長 大泉克彦

URL       https://www.utokyo-ipc.co.jp/

 

 

【お問い合わせ】

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社

東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261

TEL: 03-3830-0200 / FAX: 03-3830-0183

Email: info2@utokyo-ipc.co.jp

担当者:古川(圭)

  1stRound(起業支援プログラム)詳細はこちら!