東大IPC

VCとは?

  • 起業・独立

VCとは

VCは「ベンチャーキャピタル」の略で、VCを略さずに書くとventure capitalです。読み方はブイシー。

vc

VCとは、未上場企業(スタートアップ・ベンチャーなど、高い成長率が見込まれる企業)に対して、主に出資(資金提供の対価として、ここでは主に対象企業の株式を取得)の形で投資を行う組織のことです。上図は、VCの投資スキームを表したものになり、VCは無限責任組合員としてファンドの管理・運用の主体になります。

なお、VCの1種にCVC(Corporate Venture Capital)がありますが、これは事業会社が主に自己資金をもとにファンドを組成し、未上場企業に対して出資を行う組織のことです。

VCでは、さまざまなアプローチ(知り合いからの紹介、ピッチコンテスト、電話やメールによる直接連絡など)で成長を志す未上場企業と接触し、一定の審査を行ったうえで投資するか否かを決定します。

一般的に、VCの投資目的は、投資対象となる未上場企業が将来的に株式公開やM&AなどでEXITを行った際、株式を売却して投資資金を回収(キャピタルゲインを獲得)することです(CVCでは、キャピタルゲインの獲得に加えて、事業シナジーを追求しているケースが多く見られます)。

多くの場合、VCの投資資金は、LP(有限責任組合員:金融機関、事業会社、機関投資家、地方自治体など)から調達します。調達した資金の投資方法については、VCがもともと保有する資金と合わせて、VC自身から出資をする「自己資金投資」と、VCがファンド(投資事業有限責任組合)を組成し、ファンドから投資をする「ファンド投資」の2つのケースに分けられます。

これら2つのケースにおいて、VCはファンドの管理・運用の主体として、資金調達先のLPに対し、投資した企業が行ったEXITによって回収した資金をファンドから分配する役割を担います。

なお、VCの中には、未上場企業に対して、出資だけでなく経営コンサルティングなどによる成長支援を通じて、企業価値の向上を図る組織も存在します。

また、VCでは投資対象の企業がEXITを果たせばキャピタルゲインとして大きな利益を獲得できる可能性がある一方で、EXITを果たせなかったり経営破綻してしまったりする企業も少なからず存在することから、VC側で投資資金を回収できないケースもゼロではありません。この点を踏まえると、VCでは、「ハイリスク・ハイリターン」の姿勢で未上場企業に投資を行っています。

VCにとって重要なスタートアップ、EXITについて、以下記事で解説していますので、ご興味がありましたらご一読ください。

スタートアップとは?ベンチャーとの違いを解説【図解あり】

イグジットとは?意味や種類、動向を解説

Back
  1stRound(起業支援プログラム)詳細はこちら!