fbpx

東大IPC

News

投資先の株式会社QDレーザが東証マザーズへ新規上場しました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

本日、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 大泉克彦、以下「東大IPC」)の投資する株式会社QDレーザが、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場しました。

 

本件は東大IPCおよびその運営する協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合(「協創1号ファンド」)における三番目の上場案件となります。

 

■(株)QDレーザ開示情報
https://www.qdlaser.com/ir/

 

■ 上場会社情報(東京証券取引所サイト)
https://www2.tse.or.jp/tseHpFront/StockSearch.do?method=topsearch&topSearchStr=6613

 

株式会社QDレーザについて
概要   半導体レーザおよびその応用製品の開発・製造・販売
設立   2006年4月
所在地  神奈川県川崎市川崎区南渡田町1番1号京浜ビル1階
代表者  代表取締役社長 菅原充
URL https://www.qdlaser.com/

 

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)について
概要   東京大学周辺のイノベーション・エコシステムの発展を目指す投資事業会社
設立   2016年1月
株主   国立大学法人東京大学(100%)
所在地  東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261
代表者  代表取締役社長 大泉克彦
URL   https://www.utokyo-ipc.co.jp/

 

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
東京大学協創プラットフォーム開発株式会社
東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261
TEL: 03-3830-0200 / FAX: 03-3830-0183 / Email: info2@utokyo-ipc.co.jp

  Join our incubation program