東大IPC

News

株式会社カイゴメディアへの出資を決定

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 大泉克彦、以下「東大IPC」)が運営するオープンイノベーション推進1号投資事業有限責任組合(以下「AOI1号ファンド」)は、介護領域に特化した動画・SNSメディア・コミュニティを運営する株式会社カイゴメディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役:向笠元、以下「カイゴメディア」)に対して、5,000万円の出資を行うことを決定しました。

 

カイゴメディアは高齢化社会における課題解決と共に、「前向き」で「持続可能な」社会の構築を目指す

カイゴメディアは、動画配信、SNSメディア運営など自社が行う介護職向け、在宅介護中のご家族向け情報発信に加え、介護業界が一体となって盛り上がるために、介護法人の事業を支援するマーケティングサービス(PR動画や広告制作、オンライン広告運用)などを展開しています。

日本の高齢化率は人口比で2025年に30%、2040年に35%を超えることが予測され、中でも75歳以上の人口は2025年に2,000万人を突破する見込みとなり、世界随一の超高齢社会を迎えます(※1)。一方で、介護職員の不足感は年々上昇しており、訪問介護員の不足感は平成 28 年度以降 80%を超え高い状況にあります(※2)

カイゴメディアは、高齢化社会を取り巻く課題を解決し「前向き」で「持続可能な」社会の構築を目指す事業を展開していきます。

 

カイゴメディアは介護福祉業界のためのオープンイノベーションプラットフォームへ

カイゴメディアは介護業界活性化のため、動画・SNSメディアを活用したオープンイノベーションプラットフォームとして、様々な介護業界内のパートナー企業と連携・提携も展開しています。その実例として、大手小売業との介護ウェアの共同開発や、大手ソフトウェア企業との介護就労環境の改善サービスの発信などを共同展開しています。このように、利用者、従業者、事業者と介護業界のパートナー企業を繋ぎ、共同ワークショップやリサーチなどを通じて、介護領域における課題解決と共に新たなイノベーションの発掘・育成を目指します。

 

カイゴメディアが目指すプラットフォームの基盤となるコンテンツは、社会学の観点からケアや支援のあり方を研究する東京大学大学院人文社会系研究科・文学部、井口高志准教授が監修に参画、これまで蓄積されてきた大学研究の成果が活用されています。今後も介護業界における正確かつ最新の情報発信に努めるべく、介護業界の各専門分野の先生方に監修・顧問として参画していただく予定です。更に、東京大学高齢社会総合研究機構(IOG)のジェロントロジー・アカデミー会員として、長寿社会の生活とニーズの正確で複眼的な理解に基づいて課題を割り出し、安心で活力ある長寿社会の実現に向けた学際科学の確立と具体的な産学官連携活動を推進していきます。

 

今回の資金調達により、オープンイノベーションプラットフォームの基盤となる、介護職向け、在宅介護中のご家族向けの情報発信メディアの構築を強化し、更なる拡大を目指して参ります。

 

<株式会社カイゴメディア  代表取締役 向笠元 コメント>

カイゴメディアは、高齢化社会における課題解決と共に、「前向き」で「持続可能な」社会の構築を目指す会社です。動画・SNSメディアを活用した、幅広い業界の企業様とのオープンイノベーションプロジェクトを行うことで、特に、日本の医療介護領域における課題解決の実現に取り組んでいます。

 

この度、事業拡大に向けた資金調達を行う中で、日本の幅広い学術的知見・企業様とのネットワークを持つ東大IPC様からの出資を頂き、より一層、これらの取り組みを加速していきたいと思います。

 

<東大IPC マネージャー 備後充博 コメント>

介護職向けメディアの運営により、介護現場の就労環境・生産性向上を目指されるカイゴメディア社と株主としてご一緒できることを非常に嬉しく存じます。世界に先駆けて超高齢化社会を迎える日本において、持続可能な介護そして社会的包摂の実現に向けて、今後カイゴメディア社と共に貢献できることに期待しております。

 

日本のオープンイノベーション活動の発展寄与を目指すAOI1号ファンド

AOI1号ファンドは、東京大学周辺でのオープンイノベーション活動の推進を目的とし、「企業とアカデミアとの連携によるベンチャーの育成・投資」というコンセプトで2020年に組成されました。本ファンドでは、各業界のリーディングカンパニーと連携した新会社設立やカーブアウトベンチャー、および彼らのアセットを有効活用するベンチャーへの投資を通じ、新たな分野におけるオープンイノベーションの成功事例創出を目指します。

東大IPC は、今後も、東京大学周辺のイノベーション・エコシステムの発展およびそれを通じた世界のイノベーションを加速するため、ベンチャーキャピタルやオープンイノベーションを推進する企業との様々な連携を通じ、アカデミアの生み出す学術・研究成果を活用するベンチャーの創出、育成および投資を進めていきます。

 

 

※1 内閣府 「平成29年版高齢社会白書(概要版)」より抜粋

https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/gaiyou/index.html

 

※2 令和元年度「介護労働実態調査」より抜粋

http://www.kaigo-center.or.jp/report/pdf/2020r02_chousa_kekka_0818.pdf

 

 

株式会社カイゴメディアについて

概要      動画配信・SNSメディア運営事業、介護事業法人向けマーケティング支援事業

設立      2018年7月

所在地  東京都渋谷区桜丘町4-17

代表者  代表取締役 向笠 元

URL   https://kaigomedia.co.jp/

 

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)について

概要   東京大学周辺のイノベーション・エコシステムの発展を目指す投資事業会社

設立   2016年1月

株主   国立大学法人東京大学(100%)

所在地  東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261

代表者  代表取締役社長 大泉克彦

URL   https://www.utokyo-ipc.co.jp/

 

 

【お問い合わせ】

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社

東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261

TEL: 03-3830-0200 / FAX: 03-3830-0183 / Email: info2@utokyo-ipc.co.jp

担当マネージャー: 備後充博

  1stRound(起業支援プログラム)応募受付中!